磯で採れたカニとヤドカリ、イソギンチャクの飼育日記 プラス!

磯遊びで捕まえた生き物飼育の日記です 魚より甲殻類が好き

久しぶりのイソギンチャク採取

三月になりそろそろ干潮も昼間でも下がる日が出てきました。

なので久しぶりのパトロールです。

 

ちなみにその日の干潮はこんな感じ

f:id:sainokun:20210308223222j:plain

小潮だけど40cmまで下がるのならばそこそこ楽しめるはずなので出発!

 

到着は17:18 干潮ピークが18:59なので時間は余裕があります。

干潮で磯遊びでするのであればピークの1時間前には到着していたいです。

 

「一番潮が引いている時間がいい!」って思ってピークに合わせて磯に行けば凄く引いてはいますがそこから後は満ちてくる一方なので存分に楽しむことができません。

f:id:sainokun:20210308223803j:plain

 

今回はまだ寒く生き物たちも少ないと思うのでイソギンチャク採取です。

f:id:sainokun:20210308225038j:plain

狙い所はこのように浅くプールになっているような場所です

 

こんな風に海面から完全に出てしまい触手も閉じて縮こまっている物は取りにくいです。

f:id:sainokun:20210308225407j:plain

 

f:id:sainokun:20210308225557j:plain

 

狙いはこのように花開いているイソギンチャクです、そして大きいもの。

これで直径5cmぐらいある個体です

f:id:sainokun:20210308224746j:plain

 

これを頑張ればこのように無傷で採取可能です

f:id:sainokun:20210308225845j:plain

 

f:id:sainokun:20210308225904j:plain

 

接着面も無傷で採れました

f:id:sainokun:20210308225925j:plain

 

やはり傷がないほうが水槽に入れた時でも安心です。

安定するのが早い気がします

 

この日はもう一匹 合計二匹のベリルイソギンチャクでした

f:id:sainokun:20210308230326j:plain